News CRTニュース

2018年02月13日

下野市の元職員を詐欺で起訴

自分の給与を水増しし複数の口座に振り込ませたとして、元下野市職員の男が13日、詐欺の罪で、起訴されました。

起訴されたのは、元下野市の職員で下野市文教2丁目の無職、吉葉仁一被告49歳です。

起訴状などによりますと、吉葉被告は去年9月、下野市役所総務人事課の事務室で、給与を水増しした公文書と虚偽の振り込みデータを作成し、給料日に自分名義の複数の預金口座に194万円余りを入金させて、だまし取ったもので宇都宮地検は13日、吉葉被告を詐欺の罪で起訴しました。
BACK