News CRTニュース

2017年11月11日

福田知事とハンガリー陸上競技協会会長が事前トレーニングキャンプ地の覚書に署名

ハンガリーを訪問している栃木県の福田富一知事とハンガリー陸上競技協会会長が東京オリンピック・パラリンピックの際のハンガリー陸上競技選手団の事前トレーニングキャンプ地の覚書に署名しました。

ハンガリーを訪問中の福田知事は現地時間の10日午後、ブダペスト市内にあるハンガリー陸上競技協会を訪れ、ギュライ・ミクロシュ・ハンガリー陸上競技協会会長と覚書に署名し、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会の際のハンガリー陸上競技選手団の栃木県での事前トレーニングキャンプの実施が決定しました。

締結後、ギュライ会長は「栃木県で事前キャンプを行えることは大変うれしく、東京大会で選手が活躍できるよう、栃木県とともに歩んでいきたい」と述べ、福田知事は「選手団の皆さんが多くの金メダルを獲得できるよう、県民をあげて応援したい」と応えました。

ハンガリー陸上競技選手団の事前キャンプは、現在整備を進めている総合スポーツゾーン新スタジアムの利用を基本に、今後、詳細を決めていくということです。
BACK