News CRTニュース

2021年10月12日

県、警戒度レベル「ステージ2」に引き下げへ

画像左上
栃木県は12日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、警戒度レベルを15日からステージ2の「感染注意」に引き下げ、県版の「まん延防止等重点措置」を解除することを決定しました=写真

足利市、栃木市、佐野市、小山市の県南4つの市に対して出されていた、飲食店などへの営業時間短縮の要請も14日までとし解除されます。

会議の後、臨時の記者会見を開いた対策本部の本部長を務める福田富一知事によりますと、新規感染者数や療養者数は着実に減少し、医療提供体制への負荷が小さくなったこと、警戒度指標の多くがステージ2レベル以下となっていることから、引き下げるとしています。

また、「とちぎ元気プログラム」として、旅行代金から最大5000円が割引きとなる「県民1家族1旅行」を今月16日から年末まで実施するほか、1万2000円分の食事券を1万円で販売する「GoToEatキャンペーン」も来月10日ごろからスタートさせ、飲食業などの需要の回復を図ります。
BACK