News CRTニュース

2017年09月13日

ダ・カーポが知事表敬

画像左上
「県民の歌」を歌っているフォークデュオ「ダ・カーポ」が13日、県庁を訪れ、福田富一知事に「県民の歌」がデジタル配信されるようになったことを報告しました=写真

栃木県民に親しまれている「県民の歌」は、1988年からダ・カーポによって歌われています。

佐野市出身でとちぎ未来大使でもあるメンバーの榊原広子さんと榊原まさとしさんが、とちぎの魅力度アップに貢献しようと、所属する日本コロムビアのグループ会社コロムビア・マーケティングから「県民の歌」が全国にデジタル配信されることになりました。

まさとしさんは、「県民の歌」について「気持ちが高揚するすごくいい歌。歌いやすい」と話し、コンサートでも会場の全員で歌って盛り上がると福田知事に伝えました。

「県民の歌」は今月11日から全国でデジタル配信されており、スマートフォンなどで250円でダウンロードできます。
BACK