News CRTニュース

2020年10月14日

壬生でコロナ職場内クラスター発生

画像左上
栃木県と宇都宮市は14日、新たに30代から50代の男女8人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました=写真

これで県内の感染者は合わせて452人になりました。

県によりますと、8人のうち6人は壬生町の同じ会社の同僚で、感染経路は不明ですが県では職場内のクラスター(感染者の集団)が発生したと認定しました。

県内のクラスターは、今回で8例目となります。

県ではクラスターの発生要因として、換気が悪い密閉空間があり、マスクを着けないで会話したり食事や休憩室で人との距離が近いことなどを挙げています。

この会社は卸販売業で、およそ100人が働いており、県は全ての社員の検査を行うとしています。

このほか、足利市の50代の男性と宇都宮市の40代の男性の感染が確認されました。

宇都宮市の男性は、他県での陽性判明者との接触がありました。

新型コロナウイルスの県内での感染確認は累計で452人となり、このうち430人が14日までに退院しています。入院しているのはこれから入院予定も含め合わせて22人で、その中で重い症状の患者はいないということです。
BACK