News CRTニュース

2017年08月09日

夏の甲子園大会、作新学院は盛岡大付属に4対1で敗れる

夏の甲子園大会は、大会2日目の9日、1回戦4試合が行われ、栃木代表の作新学院は、岩手代表の盛岡大付属と対戦し、4対1で敗れました。

作新学院は3年ぶりの初戦敗退で、史上7校目となる夏の甲子園大会2連覇はなりませんでした。

作新学院は、1回に相手のワイルドピッチに乗じて先制しますが、2回に追いつかれると5回には、ワイルドピッチとタイムリーヒットを許し、あわせて3点を奪われ、4対1とされました。

最終回は、ツーアウト満塁のチャンスを迎えますが、後続が打ち取られました。

栃木大会で3割9分を超えた作新学院の強力打線は、相手エースの前にわずか2安打に抑え込まれ、エースの大関を援護できませんでした。

作新学院は、ことしの栃木大会で7連覇を達成し、甲子園大会では史上7校目の連覇を目指しましたが、及びませんでした。
BACK