News CRTニュース

2017年08月09日

警察官の酒気帯び運転逮捕を受けて県警刑務部長が陳謝

下野警察署に勤務する32歳の警察官が酒気帯び運転の疑いで逮捕された事件を受けて、県警本部の日吉知洋警務部長は「教養や指導の徹底を図り再発防止に努めます」と陳謝しました。

これは9日、県警本部で開かれた定例の会見で述べたもので、日吉警務部長は「全職員に対する飲酒事案の根絶と共に、職員の綱紀粛正を図るよう指示した」としています。

この事件は今月4日の未明ごろ、下野警察署地域課の32歳の巡査長が酒を飲んで乗用車を運転し、ブロック塀などに衝突する事故を起こしたものです。

また県警は9日、飲酒運転事案の根絶を図るため緊急の副署長・次長会議を県警本部で開きました。
BACK