News CRTニュース

2020年05月22日

駐日中国大使館から県にマスク5千枚

栃木県は22日、日本にある中国大使館からマスクの提供を受けたと発表しました。

県国際課によりますと、提供があったのはマスク5000枚で、新型コロナウイルス感染症の拡大防止などで活用する予定ということです。

中国からは、先月、友好交流をしている浙江省からも5万枚のマスクと防護服1000セットの提供がありました。

県からは中国での感染拡大が深刻な状況にあった2月、浙江省に防護服セットなどの支援物資を贈っています。
BACK