News CRTニュース

2020年03月26日

県内の新型コロナ患者10人に

栃木県は25日、県内で新たに4人の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されたと発表しました。

これで県内の感染者の数は、合わせて10人に上りました。

栃木県によりますと、7例目の感染者は24日、感染が確認された安足健康福祉センター管内に住む70代の男性の妻で、60代の女性です。

女性は24日、PCR検査で陽性であることが判明した夫の濃厚接触者で、今月17日に夫の付き添いのため県内の医療機関を訪問したほか、23日までの間に安足健康福祉センター管内の店舗で買い物などをしていました。感染防御対策をしていたため濃厚接触者にあたる人はいないということで、病状は安定しているということです。

8例目の感染者は24日、感染が確認された安足健康福祉センター管内に住む70代の男性の同僚で、県西健康福祉センター管内に住む50代の男性です。この男性は今月22日に37・5度以上の発熱が続き25日、PCR検査を行った結果、陽性と分かりました。現在、発熱と頭痛があるということです。

9例目の感染者は、この50代男性の妻で、同じく50代の女性です。現在のところ症状は特にないということで、濃厚接触者である子供についてはPCR検査の実施を予定しています。

10例目の感染者は、県南健康福祉センター管内の40代の男性で今月13日に陽性と判明した県外の人と食事をするなどし、今月22日に発熱と倦怠感を訴えました。その後は自宅でテレワークをしていましたが25日、医療機関を受診したところ肺炎と診断され、PCR検査の結果、陽性が判明しました。

濃厚接触者である妻と子供2人については26日以降、PCR検査を行う予定です。

なお、県によりますと、今回判明した4人について海外渡航歴は確認されていません。

BACK