News CRTニュース

2020年01月14日

ブレックスに米大学から新選手

バスケットボール男子でアメリカの大学からプロ転向を決め、22歳以下の選手が対象の特別指定選手としてBリーグ1部の宇都宮ブレックスに加入したテーブス海選手21歳が14日、県庁で入団会見に臨み「すごく楽しみ。勝っているチームだが、自分が何かを加えられたら」と意気込みを語りました。

テーブス選手は身長188センチのガードで、NCAA(全米大学体育協会)1部のノースカロライナ大学ウィルミントンでは昨シーズン、所属カンファレンス新記録の253アシストを記録しました。

「もっとレベルの高いところでプレーしたかった」と決断の理由を明かしています。

宇都宮ブレックスにはアメリカプロバスケットボールのNBAでプレーしたガードの田臥勇太選手が所属しており、将来のNBA入りを目指しているというテーブス選手自身も「選手に見習うところが多い。成長の場になると思う」と新天地での飛躍を誓っていました。
BACK