News CRTニュース

2019年09月19日

大嘗祭斎田に高根沢の水田

ことし11月に行われる天皇陛下の皇位継承に伴う重要祭祀「大嘗祭」で使う米を栽培している悠紀田(ゆきでん)は高根沢町の石塚毅男さんの水田と決まりました。

これは18日、宮内庁が発表したものです。

それによりますと、悠紀田は高根沢町大谷下原の1227平方メートルの水田で、大田主(おおたぬし)と呼ばれる耕作者は、高根沢町大谷の石塚毅男さん55歳です。

銘柄は「とちぎの星」ということです。


BACK