News CRTニュース

2019年06月06日

児童が「花の日」訪問

画像左上
6月第2日曜日の「花の日」にちなみ、作新学院小学部の児童が6日、県の施設や栃木放送などを訪れ花束のプレゼントを届けました=写真

「花の日訪問」は作新学院の児童が毎年6月の第2木曜日に県などの施設を回り感謝の気持ちを伝えるもので、キリスト教の行事に由来しています。

6日は、作新学院小学部の1年生から5年生までの児童が県庁や議会事務局など県の施設や栃木放送などを訪問しました。

このうち、栃木放送には2年生およそ20人が訪れ、全員で「花の日の歌」を歌った後、代表の児童があいさつして職員に花束を手渡しました。
BACK