News CRTニュース

2018年12月01日

高山氏が無投票当選 県議補選

若林和雄県議会議員の死去に伴う、県議会議員、下野市選挙区の補欠選挙が30日、告示され、前の下野市議会議員で自民党新人の高山和典さん53歳の無投票による初当選が決まりました。

高山さんは、不動産会社社長で、今年4月に行われた下野市議会議員選挙で初当選し、今回の補欠選挙では10年後を見据えた教育環境の整備など7つの公約を掲げていました。

立候補の受け付けは、30日午後5時で締め切られましたが、高山さん以外に立候補の届け出はなく、高山さんの無投票による初当選が決まりました。
BACK