News CRTニュース

2018年11月30日

政治資金収支報告書が公開される

県内にある政党と政治団体の去年1年間の政治資金収支報告書が30日、公開されました。

栃木県選挙管理委員会によりますと、去年1年間の県内の政党と政治団体の収入総額はおよそ17億6777万円となり、前の年と比べて2億6200万円余り減少しました。

一方、支出総額はおよそ16億7844万円で前の年と比べて2億1700万円余り減っています。

政党別の収入額では自由民主党が7億2000万円余りで最も多く、次いで、日本共産党が1億7500万円余り、民進党=現在の国民民主党が1億1100万円余りと続いています。

このほか、1000万円以上の政治資金パーティーを開催した政治団体で最も収入が多かったのは、自由民主党栃木県参議院選挙区第二支部でした。
BACK