News CRTニュース

2018年11月09日

東武鉄道2両目のSL復活へ

SL(蒸気機関車)を復活させた東武鉄道は、新たにもう1両のSLを復活させるプロジェクトに取り組みます。

東武鉄道は去年8月、東武鬼怒川線でおよそ50年ぶりにSLを復活させ、「大樹(たいじゅ)」の名称でC11形のSLが運転されています。

今回、日本鉄道保存協会から東武博物館が譲り受けた同じC11形のSLを復元し、「大樹」とともに東武鬼怒川線を2両体制で運転させようというものです。

新たに復活させるSLは、1947年に滋賀県の江若鉄道で客車を、そして北海道で貨物列車をけん引して活躍しました。

1975年に廃車となった後は、日本鉄道保存協会が静態=動かない状態で保存していました。

静態保存のSLが動く状態での保存用として復元されるのは、大手私鉄では初めてということです。

東武鉄道では、2年後の2020年冬に復元し、2両体制で運転する予定で「大樹が長期検査の時などは、復元予定機を運転することで、日光・鬼怒川エリアでの年間を通してのSL安定運転が可能となる。ほかの路線でのイベント運転なども検討できる」としています。

新しいC11形SLは、来週14日、埼玉県久喜市の南栗橋車両管区に到着し、復元作業が行われます。
BACK