News CRTニュース

2018年09月13日

鹿沼秋まつりに合わせJRが臨時列車運転

来月、鹿沼市で開かれる秋まつりに合わせ、JR東日本では臨時列車を運転します。

運転されるのは、埼玉県吉川市にある武蔵野線の吉川美南駅から日光線の鹿沼駅までで、お座敷列車の「華(はな)」が使われます。

JR東日本大宮支社によりますと、往路の大宮駅から鹿沼駅までの列車の車内では、地元の人たちが乗り込み、鹿沼秋まつりと鹿沼市の観光スポットを車内放送で紹介します。

また、到着駅となる鹿沼駅の駅前ではおはやしと鹿沼市のキャラクター「ベリーちゃん」がお出迎えするということです。

この列車は全車指定席で普通乗車券のほかにグリーン券も必要です。

運転は、鹿沼秋まつりが開かれる来月6日と7日に行われます。
BACK