News CRTニュース

2018年08月09日

クビアカツヤカミキリ展示へ 県立博物館

中国大陸原産で深刻な農業被害や観光資源に損失を引き起こし、特定外来生物に指定されているクビアカツヤカミキリの展示が、11日から県立博物館で始まります。

県内でも佐野市のスモモ園で果樹が枯れたり、足利市や佐野市で植えられたサクラ類での発生が確認されています。

県立博物館では、クビアカツヤカミキリの標本を展示し、外見上の特徴や生態、県内での発生状況と対策などについて紹介します。

トピック展示「外来種クビアカツヤカミキリ」は、11日から10月8日まで、県立博物館無料スペースのエントランスホールで開かれます。
BACK