News CRTニュース

2018年08月07日

日光で行方不明の仏女性の協力要請

日光市に観光に訪れていたフランス人の女性が行方不明になって1週間以上が過ぎ、警察が情報提供を呼び掛けています。

行方が分からなくなっているのは、フランス人のベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん36歳です。

警察によりますと、ベロンさんは先月27日に来日し、翌日から日光市に2泊の予定で1人で宿泊しました。

そして、29日午前10時ごろ、軽装でショルダーバッグを持って外出しスーツケースやパスポートなどは残したまま、チェックアウト予定の30日午前までに日光市匠町の宿泊施設に戻らなかったということです。

こうした中、フランスのローラン・ピック駐日大使が7日、県警本部と県庁を訪れ協力を要請しました。

ベロンさんは身長165センチ、中肉で髪は茶色、警察は事件と事故の両面で捜索するとともに情報提供を呼び掛けています。

BACK