News CRTニュース

2018年08月07日

台風13号、9日に県内最接近

強い台風13号は7日午後3時には、八丈島の東南東440キロの海上を1時間に20キロの速さ北北西に進んでおり、県内には9日の朝ごろにかけて最も接近する見込みです。

また、台風の接近前から前線による雨雲がかかり、大雨となる予想もあることから宇都宮地方気象台は土砂災害などに注意するよう呼びかけています。

気象台の発表によりますと、強い台風13号はあすの正午には八丈島の東北東およそ170キロ海上を1時間に15キロの速さで北西へ進んでいるものと見られ、県内には9日の午前9時ごろに最も接近すると見込んでいます。

県内で予想される1時間の雨の量はいずれも多い所で南部30ミリ、北部が40ミリとなっていて9日正午までの24時間に降る雨の量は多い所で200ミリから300ミリを見込んでいます。

また、8日の昼過ぎから9日未明ごろに予想される最大風速は県内全域で15メートル、最大瞬間風速は25メートルとなっています。

宇都宮地方気象台の本村栄朗予報官は「気象台の発表する最新の情報を常に確認してほしい」と話しています。

気象台では土砂災害のほか、河川の増水、氾濫、落雷や突風などにも注意するよう呼びかけています。
BACK