Blog&Podcasting 番組ブログ・ポッドキャスティング

2020年08月10日

「努力の上に辛抱という棒を立てろ!」

落語家で、かつてワイドショーの司会者だった桂小金治さんが、
子どもの頃、ハーモニカが欲しくてたまらなかった際、父親はいったい何と言ったか?
そして小金治さんは、それにどう応えたか?
彼のエピソードから家族の触れ合いをもう一度見直してみませんか?

BACK