平成19年度第3回6月期定例番組審議会

(1) 開催の日時 平成19年6月6日(火)午前11時
(2) 開催の場所 栃木放送本社会議室
(3) 委員の出席 委員総数   9名
出席委員   6名
欠席委員   3名
出席委員名 委員 増田 仲夫
委員 藤原林次郎
委員 橋本 良男
委員 坂本 昌二
委員 半田 環
委員 鈴木 正好
局側出席者氏名 代表取締役社長 大洞  敬
常務取締役 山口 純一
報道制作局長兼報道部長 大嶋 博文
報道制作局制作部長兼編成部長 高瀬一也
報道制作局制作部 東泉 博之


(4) 議題 (1) 新番組「金曜日の女性パーソナリティ
               今日もごきげん!こんにちワイド」について
(2) その他
 
(5) 議事内容 (1)
 審議会は議事に入る前に、先月改装工事を実施し、完了した第1スタジオと第2スタジオを見学し てもらった。第1スタジオでは番組収録のスタジオワークも見てもらった。この後、議事に入った。
 今回は春に目玉として編成した「金曜日は女性パーソナリティの日」の中から「今日もごきげん !こんにちワイド」を取り上げ、審議した。
 このワイド番組は、午前9時から正午までの放送時間で月曜日〜金曜日のベルトで放送されている。月曜日から木曜日まではパーソナリティ及びアシスタントが男女の組み合わせになっている。但し、金曜日についてはパーソナリティに講談師の神田陽子、アシスタントにアナウンサーの福嶋真理子を起用し、番組全体を女性のみで運行している。
 パーソナリティの神田は、2代目神田山陽に入門、1988年に真打ち に昇進して東京の寄席を中心に活動している。一方、アシスタントの福嶋は、これまで当社の朝のワイド番組や栃木県の情報番組などを担当していた。
 番組は女性・主婦の視点で構成されていて、リスナーのチョットした悩みに答える「神田陽子のスッキリしまShow!」や神田に講談を実演してもらうなど、神田陽子の魅力を全面に出している。このほか番組では、リクエスト曲を中心に、ニュース、生活情報やゲストなどを取り込み、気楽に聴けるワイドバラエティ番組を目指している。
 この日は、番組を担当している報道制作局制作部の東泉博之が、上記番組の概要を説明した後、音源素材の一部を聴取した。
(2)その他
 第4回7月期の審議会開催日を決めて閉会した。
(1)について、出席した委員から次のような意見が述べられた。
◎パーソナリティの神田がさばけていて、肩の凝らない気楽な感じで良い。
◎神田と福嶋の声が似ているので、1人が喋っているようになってしまうので、声に差(区別)を付けた方が良い。  
◎講談を放送する時間をもう少し長くしてみてはどうか。
◎神田はリズムがあり、テンポも良い。中味も面白い。
◎講談師神田陽子を全面に出して、公開録音のスタイルで番組をやってみてはどうか。
◎女性の立場からは、女同士の会話は入りやすい。
 当社としてはこれらの意見を、今後の番組制作等に役立てたいと各委員に伝えた。


戻る