平成17年度11月期定例番組審議会議事録

  (1) 開催日時        平成17年11月15日(木)午前11時

  (2) 開催の場所       栃木放送本社会議室

  (3) 出席委員     委員長                増田  仲夫        
                副委員長              原沢 佳子
                委員                 小林   孝
                委員                 梅園   明
                委員                 鈴木   勲
                委員                 藤原林次郎
                委員                 大津留 健
  
     局側出席者    代表取締役社長         大洞   敬
                常務取締役            小野 義治
                業務局長兼番審事務局長   安納   正
                業務局報道制作部副部長    高瀬 一也

  (4) 議題    (1)  「今日もごきげん!こんにちワイド」について
             (2)  いとしの「おづる婆っぱ」について

議事内容
 
  (1)  「今日もごきげん!こんにちワイド」について


       月〜金の午前9時から午後1時放送の「今日もごきげん!こんにちワイド」は
      秋の改編に伴い、金曜日のパーソナリティに方言収集家の嶋均三さんを起用し、
      栃木弁の良さを見直すと共に栃木色を濃くした内容に衣替えしました。


       
  (2)  いとしの「おづる婆っぱ」について


       方言収集家で、金曜日のパーソナリティを努める嶋均三さんが大好きだった
      おばあちゃんとの想い出を綴った未発表の「おづる婆っぱ」を基に物語りを朗読
      すると共に、その中で用いられている栃木弁の意味や使い方を解説します。


  説明と番組試聴後、各委員からは 


      ◎ 栃木弁と言っても県北と県南では言葉が違う。若い人に栃木弁の良さを
         伝えて欲しい。
      ◎ 栃木弁のアクセントは独特だが親しみやすい。
      ◎ 私は東京出身だが栃木に長くいると自然に栃木弁になる。
         栃木の言葉を残して欲しい。
      ◎ 嶋さんの栃木弁は少し誇張しているところがあるがトークはおもしろい。
      ◎ ラジオに携わっている人は言葉を大切にして欲しい。

       等、活発な意見が出されました。